サムスンは来週、3 nmチップの量産を発表する予定で、アップルはユーザーに修理設備を持ち帰ることを許可している

1、6月23日、北京維荏信息服務有限公司がこのほど設立され、法定代表者は王奉坤で、登録資本金は100万元で、経営範囲はインターネット販売を含む。広告デザイン、エージェント、オンラインデータ処理や取引処理業務など。

株主情報によると、同社は動音集団(香港)有限公司が間接的に全額出資している。

font>

2、6月23日、調査によると、最近、格力機電工程(州)有限公司が設立され、登録資本金は3000万元で、経営範囲は新エネルギー自動車の完成車販売を含む、新エネルギー自動車の電気交換施設の販売、充電杭の販売、集中型急速充電ステーション、蓄電池リースなど。

株式は、グリコ電器が間接的に全額出資していることが明らかになった。

font>

3、6月23日、外国メディアによると、アップルは現在、継続的なサプライチェーン問題の影響で、部品不足による修理時間が予想以上に長くならないように修理設備を持ち帰ることを許可している。修理部品が到着したら、修理を完了するために設備を送り返すことができる。サービスセンターが決めます。論理的には、デバイスが正常に動作し、使用可能な状態にあるユーザーにのみ適用されます。

また、ユーザーが機器を自宅に持ち帰ると、機器の修理に必要な部品が到着すると通知が届きます。この日から、ユーザーは5日間、サービスセンターにデバイスを返送します。

これは、同社が少なくとも発表時点で最初に積電することを意味し、後者は今年後半に3 nmチップの生産を開始する予定だ。

font>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。