注文書を切るには在庫を清算しなければならない!サムスン携帯電話の在庫5000万台をネットで暴露か、需要低迷の影響で


6月22日、TheElecによると、サムスンの販売代理店のスマートフォンの在庫は5000万台に達し、その多くはミッドレンジのGalaxy Aシリーズの携帯電話と位置づけられている。

報道によると、この5000万台のサムスン在庫スマートフォンは、サムスンの今年のスマートフォン出荷目標2.7億台の約18%を占めている。この割合はあまり健康ではなく、サムスンがスマートフォン需要の低迷の影響を受けていることを示しており、健康な割合は10%程度です。

また、2021年第4四半期には、サムスンが2022年に3億3400万台の年間スマートフォン生産目標を設定したが、2022年にはスマートフォンの需要が予想を下回ったと報じた。サムスンは1月、2月に毎月約2000万台のスマートフォンを生産していたが、在庫過多や需要低迷の影響で、5月のスマートフォンの生産量は1000万台に落ち込んだ。

中国信通院のデータによると、2022年1~5月の国内市場の携帯電話の全体出荷台数は累計1億8000万台で、前年同期比27.1%減少した。国際データ会社IDCは、2022年の世界スマートフォン出荷台数が前年同期比3.5%減の13.1億台になると予想している。(文|『財経天下』週刊劉鎮)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。