格隆匯は6月22日、「市場研究機構TrendForce」が世界10大ウェハ工場の2022年の市場占有率を発表し、中台積電は56%で、昨年53%から3%上昇した。2位は韓国のサムスン電子で、市のシェアは16%で、年2%下落した。台積電市の占有率は三星電子の現在の市占有率の2倍を超えている。中国の中芯国際は世界市場で4%を占めている。報告書によりますと、今年第1四半期の世界10大円晶工場の販売総額は319億5700万ドルで、2021年第4四半期より8.2%増加したということです。しかし、サムスン電子の今年第1四半期のウェハ売上高は53.28億ドルで、昨年第4四半期より約4%下落した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。