サムスンがパネルベンダーに「出荷一時停止」を要求7月の出荷量は半分に削減された

本紙記者の賈麗

6月16日、世界のTV出荷台数市場で19.8%を占めている大手サムスン電子が、パネルメーカーに出荷一時停止の通知を出したという。

p>

6月17日、サムスン電子の中国関係者は証券日報記者の取材に対し、「会社は市場状況によって調整する」と述べた。パネル調査研究機構のオビレヴォーとディビジョンコンサルティングの責任者はいずれも記者に確認し、サムスン電子の出荷一時停止について恵科、tcl華星、シャープなどのパネル工場から確認された。業界では、サムスン電子のこの措置はすでに減産の幕を開けたパネルメーカーにとって間違いなく地震だと考えられている。

サムスン電子は突然、パネル購入を一時停止した。

在庫の急増や世界的なインフレへの懸念から、サムスン電子はこのほど、新規注文購入を一時停止し、複数のサプライヤーに部品の出荷を数週間延期または削減するよう要請した。この措置は7月末まで続く見通しだ。現在、一部の部品の出荷は完全に停止していませんが、7月の出荷数量は50%削減されました。

これに対し、サムスン電子の関係者は、会社が市場の極端な状況で、関連する判断と調整を行うと述べた。

ある産業チェーン関係者によると、この韓国の科学技術大手の注文は家電やスマートフォンなど多くのキー製品ラインのチップ、電子部品など多くのコンポーネントに及んでいるという。

調査研究機関Omdiaが発表したデータによると、2021年のサムスン電子の売上高に基づく世界市場シェアは29.5%で、数量に基づく市場シェアは19.8%で、16年連続でテレビ出荷量のトップだった。

p>
業界の購買大手として、サムスン電子は業界内の巨大地震と連鎖反応を引き起こすだろう。「サムスン電子が突然購入を一時停止すると、他のブランドのフォローアップを誘発する一方で、第3四半期のパネル価格の反発願望が外れます」。迪顕情報コンサルティングの易賢まじめ副社長は「証券日報」記者の取材に応じた。

過去数ヶ月のサムスン電子の減産による連動効菓を参考に、LG電子は今年に入ってからずっとサムスン電子の歩みに従っており、国産テレビメーカーも大手メーカーの動きによって計画を調整する可能性がある。

p>>「サムスン電子が注文を切り続けた後、LG電子は同時にパネルの購入需要を大幅に引き下げ、現在第2四半期の購入計画を450万枚に引き下げ、うち6月には190万枚を購入する計画だが、後続のLG電子など他のテレビ購入業者がサムスン電子に従ってさらに注文を切ることを排除しない」。奥維叡沃社長の陳慧氏は「証券日報」に述べた。

サムスン電子が突然購入を一時停止した原因について、迪顕コンサルティングは、主に在庫が高くなり、圧力が増大したことなどの影響を受け、TV端末の小売表現の持続的な弱さにより、ルート在庫でも工場在庫でも滞留があり、現在サムスンパネル+機械全体の在庫水位は16週間に達していると考えている。これまで購入物量を減らし続けることで在庫は低下していましたが、正常水位を上回っています。

>「チャネル在庫と工場在庫の高止まりの圧力の下で、サムスン電子は資金占用が高く、在庫が減損するリスクに直麺しており、サムスン電子は資金占用の高いパネルの購入を延期して圧力を緩和する必要がある」。易賢心は表した。

では、サムスン電子のこの取り組みはどのくらい続くのでしょうか。易賢心氏によると、サムスン電子は歴史的に2ヶ月間の購入一時停止戦略を実施したことがあり、サムスン電子の今回の購入一時停止の継続期間は1ヶ月程度の可能性があると予想されている。

パネルメーカーやより急進的な戦略をとる

「パネルの購入と価格サイクルは一般的に3ヶ月で、1ヶ月以上はパネル企業にとって、生産リスト、資金、業績などの麺で大きな影響を与えるには十分です。」陳慧は言った。現在、複数の機関が記者に対し、恵科、京東方、シャープなどの主流パネル工場はサムスンから購入を一時停止する通知を受けているが、パネル工場も動作すると明らかにした。

これに対し、京東方董秘弁公室の関係者は記者団に対し、「現在、単一のお客様の状況には対応していないが、市場や上流のお客様の状況に応じて適切に調整し、その他の仕事は正常に稼働している」と述べた。

p>

1年以上連続の価格下落と市場需要の弱さで、パネルメーカーは「苦しい」。迪顕コンサルティングが発表した「世界TVパネル工場経営分析報告」によると、2022年第1四半期のパネルメーカーTV事業の損失はすでに20%近くに達し、主流サイズはすでに全線で現金コストを割っており、出荷が多ければ多いほど損失が多くなる背景の下で、パネルメーカーの大幅な減産はすでに来ている。

カラーテレビ、電子市場の低迷が続き、今年のパネル価格の下落傾向が続いており、電子工場は注文を切り、パネル工場は減産し、需要が奮い立たず、需給麺がさらに悪化する可能性がある。

p>

陳慧氏によると、サムスンが購入を一時停止した際、パネルメーカーは価格の下落幅を狭くし、反発するには、より急進的な減産戦略を取らなければならない。「現在、パネルメーカーは生産計画の調整が間に合わず、在庫がさらに増加します。サムスンが突然購入を一時停止することで、需給関係がさらに悪化することは間違いなく、パネル工場はより大きな出荷圧力に直麺したり、さらに大幅な減産を行ったりして、在庫をコントロールし、パネル価格の下落を阻止しています」

疫病の繰り返し、大工場の連続注文切り、購入一時停止などの圧力に直麺して、パネルの上下流企業は下半期の傾向を見て、世界市場でより多くの応用シーンと機会を探索している。

(編集上官モンロー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。