サムスンのすべての事業群の「購入一時停止」、パネル工場はすでに通知を受けた。


6月16日、業界の暴露によると、サムスンは6月15日、パネル、携帯電話、ストレージ事業群を含むすべての事業群に購入を一時停止し、購入在庫状況に報いるよう指示したため、同日、ほとんどのパネル工場がサムスンから購入を一時停止する通知を受けた。

注目すべきは、サムスン映像表示事業部(VD)これまで第2期ではテレビパネルの注文を大幅に切り、少なくとも200~300万枚を減らし、今年の出荷目標を更新していた。

業界関係者によると、サムスンのパネル在庫水位は現在16週間に達し、北米とヨーロッパの通路在庫水位も高いという。サムスンの現在の購入量を見ると、6月に現在の購入政策を一時停止したために出荷できない量は少なくとも200万枚になる可能性がある。

これに対し、集邦科学技術は、サムスンはパネル在庫を10~12週間の正常な水位に下げることを望んでおり、少なくとも1ヶ月以上の時間で在庫を消化する必要があると指摘しています。パネル工場の6月の生産計画はすでに進行中であるため、サムスンが購入を一時停止した場合、パネルの生産時間を見ると、減産に間に合わない可能性がある。

実は、サムスンのほか、LG電子も以前からテレビパネルの注文を大幅に切っており、中国の3大パネル大手(京東方、華星光電、恵科)の第3四半期のテレビパネルの生産能力は当初計画より15.8%減少する見込みで、第2四半期に比べて2%減少する。サムスンが調達を一時停止すると伝えた後、業界もLG電子の動向に注目している。

先の集邦科学技術が発表した6月上旬のオファーを見ると、32インチと43インチは約5~6ドル下落した。55インチは約7ドル下落した。65インチと75インチも生産能力過剰の圧力に直麺し、12~14ドル下落し、現在、多くのテレビパネルのサイズは現金コストを下回っている。

パネル工場では6月に著しい減産計画があるため、集邦科学技術は第3四半期の55インチ(含む)以下のテレビパネルのオファーが横ばいになる見込みだが、逆転は容易ではない。しかし、サムスンの購買政策の一時停止は不確定な要素を増やす恐れがあり、集邦科学技術は、パネルのオファーが続く可能性があると考えている。font>

編集者:芯智訊-林子ソース:Technews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。