この記事の由来:財連社史正丞

財連社は6月9日、マイクロソフト、サムスンが木曜日に共同で、Xboxクラウドゲームサービス地域をサポートするゲーマーが今月末から、サムスンのスマートテレビとディスプレイでXboxクラウドゲームとゲーム購読会員XGPを使用することができ、ゲーム本体やPCを追加接続する必要はないと発表した。

p>

(出所:マイクロソフト公式サイト)

マイクロソフトが小切手を振り回して購読ゲーム帝国を構築する過程で、テレビはリビングの最大のスクリーンとして会社の戦略計画にあり続けている。昨年6月、マイクロソフトはXboxソフトウェアをスマートテレビに移植することに言及し、今日もこの戦略の実現の第一歩である。

マイクロソフトは今月30日から、世界27カ国・地域のユーザーがサムスン2022のスマートテレビでXboxソフトウェアとXGPゲームのサブスクリプションサービスを利用できるようになると発表した。サムスンテレビがありますが、XGP会員がいないユーザーにとっても、テレビで「砦の夜」を無料で体験することができます。

より多くのプラットフォームへの迅速な拡張が期待されています。

搭載プラットフォームは新しいスマートテレビであることを強調していますが、本質的にマイクロソフトとサムスンが提供しているのはクラウドゲームサービスで、理論的なデバイスの敷居は表示デバイスだけがスマートソフトウェアを実行でき、Bluetoothハンドルへの接続をサポートすることです。

p>
だからマイクロソフトは早くから、多くのテレビメーカーと協力してXboxクラウドゲームサービスを発売し、iOSデバイスや従来のパソコン、古いホストユーザーをWebサイトを通じてXGP購読ユーザーにすることを望んでいると述べています。

p>
今年初めに687億ドルを投じて動視暴雪を買収した後、マイクロソフトのゲーム業界での配置はますます明らかになった。ゲームに依存する元宇宙は依然として概念であるが、クラウドサービス分野での自身の蓄積によって、クラウドゲームの収益成長を推進するのも予想外の配置であり、これもホスト競合品のソニー、任天堂には全くない優位性である。

また、サプライチェーンの緊張が続く背景には、マイクロソフトの次世代ホストXbox Series X/Sが在庫不足の状態にあり、会社の収益にも影響を与えています。

p>
研究機関Ampereのデータによると、2021年にマイクロソフトの新しいホスト2機種が770万台売れたのに対し、同じサプライチェーンに属するソニーのPS 5は1250万台、任天堂は2430万台売れた。また、ゲームホスト業界では「損をしてホストを売る」という操作が行われているため、お金を稼ぐにはソフトウェアサービスで方法を考えるしかありません。

サムスンとの協力も、マイクロソフトがサービス媒体の購読製限を打破しようと努力していることを示している。最新のスマートテレビを除いて、マイクロソフトが「Keystone」という名前のクラウドゲームストリーミングをやり直しているという情報がここ数週間ありますが、この「セットトップボックス」のような設備は短期的には発売されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。