東田微董秘:会社の製品の最終応用端末は伝音携帯電話、サムスン携帯電話を含む

東田微(301183)は06月06日、投資家関係プラットフォームで投資家の関心のある質問に答えた。

p>

投資家:伝音ホールディングスと舜宇光学は会社の重要な顧客ではありませんか?ありがとうございます

東田微董秘:こんにちは!フォローありがとうございます!会社の製品の最終応用端末には伝音携帯電話が含まれており、舜宇光学は会社の顧客の一つである。

投資家:会社は裸眼3 D、3 D感知製品の応用を開発していますか?3 D感知レンズと画面下の指紋認識は会社製品を応用していますか?ありがとうございます

東田微董秘:こんにちは!フォローありがとうございます!スクリーン下の指紋識別フィルタは会社の製品の一つです。

投資家:会社の製品はデータセンターの応用端末に応用できますか?ありがとうございます

東田微董秘:こんにちは!会社の一部の製品はデータセンターのアプリケーション端末に使用できます。投資家:会社の端末製品の応用は華為、伝音、小米などの国産ブランド端末を含み、海外の他の有名なブランド端末に応用されていますか?サムスンの消費電子端末に応用されていますか?ありがとうございます

東田微董秘:こんにちは!会社のカメラフィルターの最終応用端末にはサムスン携帯電話が含まれています。

東田微2022年1季報によると、同社の主な売上高は1億1000万元で、前年同期比9.93%減少した。帰母純利益は1433.31万元で、前年同期比18.71%減少した。非純利益は1358.87万元で、前年同期比18.42%減少した。負債率35.73%、投資収益9.91万元、財務費用-29.07万元、粗利益率28.11%p>
この株は最近90日間、機関評価がありません。ここ3ヶ月の融資純流入は563.67万で、融資残高は増加した。融券の純流入は0.0万で、融券の残高は増加した。証券の星推定分析ツールによると、C東田微(301183)好会社の格付けは2星、好価格の格付けは1星、推定総合格付けは1.5星だった。(格付け範囲:1~5星、最高5星)

東田マイクロメイン事業:精密光電薄膜素子の研究開発、生産と販売

会社の董事長は高登華氏。高登華氏は、1971年4月生まれで、中国国籍で、バヌアツ共和国の居留権を持ち、宜昌市機電工学学院を卒業した。中船重工中南装備有限責任会社(元388工場)、宜昌力帝実業グループ有限責任会社、東莞市東城アス創機械部品経営部に勤めていた。2006年に東莞市スノー光電科学技術有限会社を創立した。2019年に東莞市マイクロ法結晶新材料有限会社を創立し、マネージャーを務めた。2009年7月から現在まで会社に勤めており、現在は会社の社長を務めています。

以上の内容は証券の星が公開情報に基づいて整理しています。問題があれば連絡してください。

証券の星情報

本文は投資提案を構成しない。株式市場にはリスクがあり、投資には慎重が必要だ。

p>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。