韓国メディア:サムスンの5月のスマートフォン出荷台数は1200万台に大幅に下落


<font>集微網によると、韓国メディアによると、サムスンの5月のスマートフォン出荷台数は前年同期比20%以上減少し、1200万台にとどまった。今年までの累計生産量も前年同期を下回っており、サムスンが第4四半期に著しい成長を遂げなければ、マイナス成長になる可能性が高い。

font>

最近、業界ではサムスンのスマートフォンの年間生産量は3億台、自己生産量は2億4000万台と推定されており、中国の聞泰科学技術、華勤との共同生産量(JDM)6000万部です。昨年、サムスンのスマートフォンの自己生産量は2億3888万台、JDMの生産量は約6000万台だった。

サムスン電子の今月の大幅な減産の原因は在庫量だと推定されている。1月から4月まで、サムスン電子は約8000万台のスマートフォンを生産し、昨年と似ているが、在庫をタイムリーに消化していない。ロシアの危機と中国の疫病封じ込めによる世界経済の不確実性のため、今年のスマートフォン市場はマイナス成長になると予想されています。font>

(校正/holly)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。