台積電はチップを8%値上げし、三星も20%値上げすると発表した。最後に消費者が請求書を買いに来ますか?

おじいさんは財経について「チップ荒らし」が解けず、値上げブームが襲ったと話した。

は土曜日(14日)、韓国先駆報(The Korea Herald)によると記事によると、世界のチップ大手三星電子は、チップ製造価格を15%-20%引き上げることを検討している。

は、この韓国のチップ大手がチップ製造契約価格を引き上げるために代行顧客と交渉していると報じた。最終価格のの上昇幅はプロセス技術に依存し、成熟プロセスは今年下半期に上昇する可能性がある。font>

注目すべきは、サムスンは世界最大のメモリチップメーカーであり、台積電に次ぐ世界第2位の契約チップメーカーでもある。

「今後5年間の注文を見ると、注文総量は前年の収入の約8倍になる」とKang Moon-soo氏は付け加えた。

実際、は高インフレと原材料コストの上昇が続く状況で、価格の上昇はチップ製造料金の上昇の業界傾向に合致している。

は、これまで日経新聞によると、台蓄電は来年からチップ代行価格を値上げする計画で、上昇幅は約5%-8%だという。strong>

特筆すべきは、昨年8月、台積電が成熟制程、先進制程価格の引き上げを発表し、最高20%の引き上げとなったが、現在は1年も経たないうちに台積電は値上げのニュースを伝えている。もちろん、価格の上昇幅は三星よりずっと低い。積電、三星電子、この2社は世界の生産能力の3分の2以上を占める会社のリーダーが上昇を叫んでいる。

また、自動車、スマートフォンなどの製品コストの上昇に鑑み、最終的にはチップの値上げ圧力が消費者に転嫁される可能性がある。font>

言い換えれば、チップ価格の上昇は、最終的には消費者に「購入」される可能性がある。

これをどう思いますか?今後、三星電子は値上げすると思いますか?これは世界のチップ産業にとって何を意味しますか?

皆さんの読書に感謝します。メッセージ、コメントを歓迎します。私たちの文章が好きなら、下で直接いいね、お勧めちょっと↓。font>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。