三星チップの代行需要が旺盛で、今後5年間の受注額は1590億ドルに達する。

グロン為替は4月29日、ITニュースによると、三星電子の代行部門が電話会議で明らかにしたところによると、(チップ代行業務)今後5年間の受注額は昨年の売上高の8倍で、Q 2が3 nmの技術検証を完了し量産に投入すれば、受注額はさらに上昇する見込みだ。業界では、代行業務の昨年の売上高が月23兆〜25兆ウォンだったのに対し、受注額は200兆ウォン(約1590億ドル)に達する見通しだ。また、同部門によると、2027年までの供給はいずれも保障されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。