ある3つ星の老人ホームの院長の自訴:疫病の3年、私たちはどのように一歩一歩倒産に向かっています

経済観察網記者の田進35歳のYan帥は15年間運営していた3つ星養老機構を閉鎖しようとしていた。

2007年、Yan帥は両親から北京市房山区にある普楽園愛老人ホームの経営権を受け取ったが、この時30ムーの老人ホームは5人の老人しか入居せず、経営上は依然として入金できなかった。15年が過ぎ、老人ホームは正常に入居した老人数は約180人だった人、2021年に3つ星の養老機構に選ばれた。老人ホームは民営の非営利機関に属し、入居老人の料金は1800-6000元/月で異なる。彼は自分の夢は誰もが住める老人ホームを作ることだと言った。

を比較すると、2021年12月31日現在、北京市に星級資格を持つ養老機関は458社あり、そのうち5つ星13社、4つ星40社、3つ星58社、2つ星309社、1つ星38社である。p>

疫病の3年目は、土地の賃貸料の上昇、高い看護士のコスト、閉鎖的な管理の繰り返しによる入居率の下落などの要因で、老人ホームが倒産の瀬戸際にある。闫帥氏は「閉鎖的な管理期間中、コストはこれまでより2倍近く増えた。3年連続で担いだが、本当に担げなくなった」と話した。p>

4月21日のインタビューで、Yan帥は老人ホームがこの1年でどのように倒産に向かっているのかを話した。以下は経済観察網がその説明に基づいて形成した簡略な文字である。

閉鎖式管理のさざ波効果

高齢者は感知しやすい人なので、老人ホームのある地域で疫病が発生すると、老人ホームは基本的にすぐに閉鎖式管理を行う。封印後、複数の問題が発生します。

閉ループ管理を行うと、看護士は交代で家に帰ることができません。この疫病では、老人ホームは約1ヶ月閉鎖され、期間中、看護士は大きな心理的プレッシャーを受けており、高齢者は長期にわたって子供に会えず、心が興奮しやすく、看護士は毎日24時間老人に直面し、看護士、家族などの様々な役割を果たす必要がある。そのため、私たちも彼らに追加の報酬を支払う必要があります。

疫病の間、新しい老人を収容する必要がある場合、老人ホームは単独で隔離区を設置しなければならないが、私たちのような伝統的な養老機関は隔離点を設置する能力を備えていない。また、介護者自体が不足しており、隔離区の高齢者の世話を単独で手配するのは現実的ではないため、老人ホームはいっそ新しい老人を受け入れない。老人ホームはこの入居者数が疫病前の180人余りから現在の100人に減少した。

同様に、閉ループ管理のため、院内高齢者が病気で外出して診察を受けた後、老人ホームに戻る必要がある場合、気まずい局面に直面する。私たちは隔離区を設置していません。この問題は複数の部門に助けを求めても解決できません。最後に、外出して医者に診てもらうしかありません。老人ホームに戻って看護婦と一緒に1つの部屋に住んで隔離するしかありません。私たちが心配しているのは、老人が医者にかかる途中で新冠肺炎に感染したら、結果は想像できないが、老人を病院に送らないわけにはいかないということだ。また、家族がお年寄りの世話をしてくれるなら、できるだけお年寄りを退院させないようにします。

老人ホームサービスのほか、在宅養老サービスプレートを設置しました。定期的に介護者を訪問させ、老人に補助医、補助薬、助浴、助食などのサービスを提供し、地方主管部門が関連サービス補助金を与えます。政策の規定によると、養老機構の運営補助金は機構のサービス量に基づいて支給される。サービス量が基準に達しなければ、その年の運営補助金は激減し、甚だしきに至っては減少しない。しかし、疫病管理のため、看護士は在宅養老サービスを行うことができず、最終的には相応の審査基準に達しない。

しかし、このような背景の下で、第三者の監督管理機関は依然として養老機関を見つめている。例えば、最近、老人ホームの煙道、汚水施設などの設備は更新処理が必要だと言ってくれました。そうしないと、最新の環境規定に合致しません。しかし、今は工事員が入らないので、老人ホームが閉鎖されると、すぐに施設の不合格に直面して罰金を科される可能性があります。デバイスの更新はまた新しいコストです。

収入が下落し、コストが上昇した

閉鎖的な管理のため、老人ホームは新しい老人を収容できなかった。一方、入居した高齢者は家族の経済問題で引き取られたり亡くなったりして、高齢者数が徐々に下がっています。

現在養老院に設置されているベッド数は245個である。疫病前、毎年増加する入居老人数は一般的に70人前後を維持し、全体の入居老人数は180人前後を維持した(入居率は約73.5%)。2020年の第1次疫病発生時、入居高齢者数は180人から100人に減少した。2020年下半期には新たな高齢者の受け入れが再開され、その後1年間で160人以上の入居者が再び増加した。2021年下半期、疫病が再発し、機構の入居数は再び現在の100人に下がった。

私たちは試算をしたことがあります。老人の入居数が140人に達したとき、老人ホームは無理に損益バランスのとれた区間に入ることができます。入居数は180人に達してこそ、わずかな利益が得られる。現在、高齢者の入居数は100人しかいないが、40人の従業員のコストと家賃、水力発電を考慮すると、1ヶ月に少なくとも1万元の損失がある。

実は、他の養老機関の管理者とのコミュニケーションの中で、多くの民営養老院がもっと気まずいことがわかります。施設の入居者数は100人余りから数十人しか残っていないほど急落し、院長たちは損をして無理に担ぐしかなかった。一部の院長は不動産を担保したり、借金をしたりして暮らしている。

人件費が上昇し、介護者の高齢化が深刻化していることが懸念される。

関連業界の基準に基づいて、3つ星養老機構の養老看護員と半失能老人、失能高齢者の配合比は原則的に1:3-1:6を下回ってはならない。老人の入居数が下がったので、私たちの老人ホームはこの割合を上回っています。それでも、看護婦を削減することでコストを抑えることはできません。疫病が終わると、入居老人数が再び増加し、看護士が不足し、短時間では募集できないのではないかと心配している。加えて、私たちの老人ホームは郊外にあり、人員を募集して残すのはさらに難しい。

現在、養老看護業界には人が不足しており、基本的に45歳以上のおばさんを募集するしかなく、募集されたおばさんの素質は高くなく、専門的な訓練を受けたことがない。後期に研修を受けても、職業学院を卒業した看護士には及ばない。これらの高素質人材はハイエンド養老機構と公営養老機構だけが能力を備えている。

一部の特殊な老人に対して、私たちは受け入れることができません。必要な人件費が高すぎるため、1万/月を徴収しても老人の看護コストをカバーできない可能性があります。例えばアルツハイマー病の老人の看護は、高齢者が壊したり、走ったり、転んだりすると同時に、安定したリハビリテーションをしなければならない。看護、食事、リハビリテーションなどは専門の看護士が必要だ。

当社の運用コストも上昇しています。

2021年、普楽園愛老人ホームは北京市の3つ星養老機構に選ばれた。3つ星を評価するために、私たちは10万以上を使って標準化されたシステム建設をしました。その後、システムの運営を維持するために膨大なサービスチームが必要になりました。例えば看護部はいくつかのグループに分ける必要があり、各グループには組長を設置し、各種の小さな職能部門を通じて管理枠組みを構築し、最終的に標準化されたシステムを形成する必要がある。システムの運営には大量の人員と資金が必要である。しかし、星の評価に参加しなければ、多くの運営補助金が奪われます。

現在、養老機関の管理建設基準も絶えず向上し変化している。例えば、数年前に養老機構が防火扉を設置すれば基準に達することができ、新しい評定方法が公布された後、防爆、防火扉に改築する必要があり、私たちは解体して再建設するしかない。このような基準は絶えず向上しているが、それに伴って運営コストがますます高くなっている。

気持ちは養老院の運営をどのくらい支えることができるのか

業界の発展時間線を振り返り、2013年から養老業界は徐々に「朝陽」を迎え、民間資本の養老市場への参入を奨励し、各種の補助金と扶助政策を提供し始めた。例えば、用水用電は福祉機構の基準、一部の税収政策性減免、養老機構総合責任保険の普及などの一連の利益政策に従い、運営コストとリスクを大幅に減少させた。「北京市養老機構運営補助金管理弁法」の規定によると、養老機構は北京戸籍に入居する高齢者を新たに1人追加するたびに機構運営補助金を受けることができる。

普恵性養老機関に位置するため、私たちの価格は低いです。養老可能機構の星級評価基準が向上した後、養老院の運営コストは必然的に増加する。羊毛は羊の体に出て、土地の賃貸料は上昇して、運営チームのコストは増加して、総コストは入居老人の体に平らになって、料金の標準は更に上昇してやっと老人ホームの持続的な運営を維持することができます。

養老産業は現在まで発展しており、多くの面で細分化基準が形成されていないため、多くの養老機関が評価過程で苦しんでいる。例えば、第三者の監督管理機関が老人ホームの看護日記を調べたとき、なぜ標準化されて老人の世話をしていないのか疑問に思った。しかし、養老サービスは標準化されたサービスを提供できないことが多い。例えば、寝たきりで自立できない老人と、寝たきりで移動できる老人では、トイレに行くときに必要なサービスは違います。しかし、この場合、機関の評価審査に影響を与える可能性があります。介護サービスは工場のパイプラインではなく、すべての細部が完全に一致することはできません。だから標準化しても完全に一致するのは難しい。

医養結合も同様である。出発点から見ると、医養結合は老人が家を出ずに薬をもらうことができる。しかし、医務室を内蔵して対外運営を許さない。私たちのような老人ホームにとって、医務室のフルタイムの医者と2人の看護婦を加えて、人件費は3万/月以上で、医務室を建設するのは必ず損をします。また、医務室の医療保険審査と医療保険額の申請は難しい。病院と協力すれば、高齢者が診察を受けて薬をもらうには病院に行かなければならない。しかし、医療と養生の結合を推進しないと、星の評価に影響を与えるので、コミュニティ病院と協力するしかありません。小さな病気の老人は車でコミュニティ病院に送り、大きな病気の老人は救急車を呼んで病院に送った。

養老用地及び福祉用地は聞いたことがあるだけで、身の回りのどのような普恵性民営非営利機関が使用しているか見たことがない。より多くの民営養老機構は地上建築手続きの不全、土地の性質などの問題に直面している。多くの機関は土地の手続きや建設手続きが不備で建設的な補助金を受け取ったことがない。しかし、多くのハイエンド機関は多くの良質な政策を享受している。ただ、より多くの人が必要としているのは普恵性養老機関です。

2007年に運営されてから今まで、私は実はとても惜しくて、今は気持ちで支えています。長期的な損失が続けば、この業界を離れるしかないかもしれません。政策支援の下で、一部の業界関係者はこれまでも入局養老産業について私に相談して、私は心から彼らに簡単に入場しないように忠告して、養老産業はたぶんお金を稼ぐことができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。