Gartnerは2021年の半導体企業の売上高ランキングを発表し、三星が首位を占めた。

グロン為替は4月17日、技術顧問会社Gartnerが2021年の半導体企業の売上高ランキングを発表し、最新の報告によると、2021年の世界の半導体売上高は合計5950億ドルに達し、2020年より26.3%増加した。三星の2021年の総売上高は年28%増の732億ドルで、市場占有率は12.3%に上昇した。それに比べて、インテルの収入はやや萎縮し、2020年の727億ドルから昨年の725億ドルに下がった。SKハイニックスは3位で、収入は年40.6%増の363億ドルだった。その後、ランキングは美光、高通、博通、連発科、徳州機器、輝達および超微で、売上高の増加は19%-68%の間であった。Gartner研究副総裁は、売上高の急速な増加は主にウエハの不足が続いていることと、世界の5 G需要の急激な増加によるものだと指摘した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。