三星テレビが30%台を切って市場をパニックにさせた液晶テレビパネル市場Q 3は反転を迎えることができるだろうか。

著者:Arden

ソース:集微網

この2年間、パネル業界は珍しい周期変動の中で、ここ10年間で最も長い景気周期を経験した後、業界は2021年下半期から反転を迎え、パネル価格も下落し続けている。その上昇と下落幅はtclテクノロジーなどのパネル企業の予想を上回り、経営業績も一定の変動を見せた。

にもかかわらず、パネル企業は規模の優位性と市場地位を保証するために、依然として高い稼働率を維持している。業界関係者は、「市場が低迷している状況で、三星電子が30%の注文を切ると、市場のパニックを引き起こす可能性がある。他のブランドメーカーもパネルメーカーに要求している。パネル価格は第2四半期末まで下がり続けているが、Q 3が逆転するかどうかは、パネルメーカーの生産制御力、ロシアとの交渉結果、国内の6.18の販売状況などの要因と密接に関係している」と指摘した。font>

価格の上昇・下落傾向が予想を上回った

業界の周知のように、端末市場の強力な牽引の下で、LCDテレビパネル価格は2020年6月から上昇し、上昇傾向は2021年6月まで続き、ここ10年で最も長い値上げ周期を迎えた。筆者の統計データによると、32インチ55インチ以下のサイズのパネルの価格は倍増し、65インチ、75インチのパネルの価格も大きな上昇幅を迎えている。

液晶パネル価格の上昇と韓国企業のLCD市場の撤退により、生産能力が徐々に国内に移行し、京東方、TCLテクノロジーなどの国内パネルメーカーの売上高が大幅に増加し、純利益が急増している。font>

のデータによると、2021年上半期、京東方は売上高1072.85億元を実現し、前年同期比89.04%増加した。非純利益はさらに116.62億元に達し、損益転換を実現した。TCLの科学技術の売上高は742億9900万元で、前年同期比153.29%増加した。非純利益は54.98億元で、前年同期比2923.06%増加した。

の上昇はパネル双雄の株価にも反映され、2021年上半期、京東方とTCLはいずれも過去最高の株価に触れ、一時は無限だった。

だが2021年7月以降、パネル価格は急落した。その原因は、欧米の補助金の同時期の下落、海外インフレの激化、海運コストの持続的な上昇、住宅経済の需要に対する一部の貸越などの要素を含む、世界のLCDテレビパネル市場の需給環境に明らかな変化が発生したためである。font>

これも2つのトップ企業の2021年下半期の経営業績に直接影響している。2021年中の純利益は倍増したが、上半期の業績の急増が下半期の業績下落の影響を隠していることは明らかだ。

市場の変化と会社の業績の変動について、TCLテクノロジーは「2021年、大型パネルの価格は比較的急速な上昇と下落を経験し、上半期の持続的な上昇と下半期の急速な下落はある程度みんなの予想を上回ったと言える」と指摘した。font>

具体的には、上半期の端末備品需要の高位維持とサプライチェーンコア製品の不足牽引パネル価格の上昇が続いている。下半期は欧米の補助金政策の脱退、海外インフレの激化、海運圧力などの短期的な要因の集中の影響を受け、パネル価格は第3四半期から急速に下落した。font>

伝三星電子が30%を切り、市場パニックを引き起こした

現在、LCD TVパネルの価格は下落傾向を維持している。群智コンサルティングデータによると、3月には32インチパネルが2カ月連続で下落したほか、他のサイズパネルの価格は下落した。さらに楽観的ではないのは、4月のすべてのサイズのTVパネルの価格が1~6ドルで下落し続けると予想されていることだ。

群智コンサルティング社長の李亜琴氏は、「LCD TVパネルの価格はまだ現金コストを下回っておらず、全体的に現金コストを上回っている。第2四半期のLCD TVパネルはさらに下落相場になる見通しだ。テレビとノートパソコンの各サイズのパネルの価格はいずれも下落しており、これは世界のLCDパネル市場の景気が全体的な下落通路にあることを意味し、情勢は比較的不利である」と指摘した。font>

では、テレビのパネル価格が下落し続けている状況について、中国電子視像業界協会の董敏副事務総長も筆者に対し、「全体的な市場需要が低迷している状況で、ロシアとウクライナの危機で東欧市場のテレビ販売台数が300~400万台下落し、三星電子が30%を切ったと伝えられ、市場にパニックをもたらし、他のブランドメーカーもパネルメーカーと交渉し、製品価格の引き下げを要求している」と話しています。font>

オビリボ(AVC Revo)のデータによると、2021年のロシアのテレビ出荷台数は680万台で、世界のテレビ出荷量の約3%を占め、サムスンとLG電子はそれぞれ26%と17%を占めた。このうち70%を超える出荷量は43インチ以下である。

Sigmaintell氏も、オウの衝突、世界的なインフレ、金利引き上げは、世界のテレビ需要に影を落とし、市場の不確実性に警戒しているテレビメーカーがLCDテレビパネルを購入する上で保守的になっていると指摘した。三星(サムスン)電子は最近、テレビパネルの受注台数を160万台引き下げた。font>

パネル価格の下落に直面し、韓国のパネルメーカーのサムスンディスプレイも液晶パネル市場から撤退することを決めた。三星は2020年3月にLCDパネルの生産停止を発表し、パネル価格の上昇でLCDパネルの生産停止計画を遅らせた。

によると、サムスンディスプレイは韓国牙山のL 8-2ラインに位置し、傘下に残っているLCDパネルの生産ラインだという。韓国メディアによると、三星は2022年末から6月にかけて生産停止計画を繰り上げ、三星電子と協議して決定した後、LCD事業を全面的に撤退すると明らかにした。

Q 3または反転を迎える

サムスンディスプレイはLCDパネル市場から撤退したが、武漢京東方10.5世代線、綿陽恵科8.6世代線、TCL華星T 7生産線(11世代線)は生産能力の上昇段階にあり、これらのメーカーの生産能力が絶えず解放されるにつれて、三星ディスプレイがLCDパネル市場から撤退する欠陥を効果的に埋めることができ、パネル全体の供給は明らかに減少していない。群智コンサルティングによると、2022年に世界のディスプレイパネルの生産能力は前年同期比12%の高速成長に達し、全体の生産能力の増加率は2013年以来最大の増加幅に達すると予想されている。font>

TCL科学技術は、過去数年は生産能力の国別移転の重要な段階であり、業界構造が激しく変化し、企業の市場地位が急速にトランプを洗い、パネル企業は規模の優位性と市場地位を保証するために稼働率を低下させる意思がないと指摘した。font>

董敏氏は、「現在、国内のパネルメーカーはLCDパネルの生産ラインの稼働率を下げていない。京東方、TCL華星などのパネルメーカーの生産ラインは3月の稼働率が95%以上で、現在も高位を維持している」と述べた。font>

CINNO Researchのデータによると、京東方1、2月のTFT-LCDラインの平均稼働率はそれぞれ92%、84%だった。TCL華星1、2月TFT-LCD生産ライン全体の稼働率は97%、88%である。恵科1、2月4本のTFT-LCDラインの平均稼働率は90%、91%である。京東方、TCL華星の2月の稼働率の下落は主に日数が少なく、春節休暇に適しており、その低下幅は合理的な範囲内である。

董敏氏は、「パネルメーカーのLCDパネルの稼働率は高い水準を維持しているが、パネルメーカーでも端末メーカーでも現在の在庫は高くない」と述べた。TCL科学技術も調査研究の中で、パネル業界の在庫は2021年下半期に上昇したが、2022年第1四半期にはすでに2週間以下に下落し、在庫は健康レベルを回復し、華星光電は満産満売を維持し、在庫レベルは業界平均レベルを下回ったと指摘した。font>

しかし、董敏氏は「世界の端末需要が低迷し続けていることを背景に、パネル価格は2四半期末まで下落し続ける。その後の価格動向はパネル工場の実際の生産制御力を観察し、パネルメーカーが生産能力を調整しなければ、LCDパネル価格が第3四半期までさらに下落する状況に直面する」と指摘した。font>

「国内のパネルメーカーが5月に全体的に稼働率を20%前後引き下げたことに加え、ロシアとウクライナの交渉が間もなく終了し、ヨーロッパ市場が回復し、端末メーカーが6.18で低価格の販促で製品の販売台数を増加させた場合、パネル価格はすぐに逆転する可能性がある」董敏はさらに述べた。

パネルの価格変化は、企業の収益能力にも影響を与える。李亜琴氏は、「今年はパネルメーカーの利益が分化し、一部のパネル工場が赤字に直面する。現在の状況では、パネル工場のリスク抵抗力と需要収縮抵抗力を比較し、製品の奥行き、市場戦略、製品ラインの調整速度などの要素が利益能力に影響を与える」と判断した。font>

TCLテクノロジーも、「国別移転が終わり、業界の競争構造が再構築された後、業界の健全かつ安定した発展はすべての企業の利益に合致する。今後、需要の変動に直面し、企業側は規模と利益のバランスを追求する見通しだ」と述べた。(校正/ALuko)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。