サムスン5/4/3 nm工芸の股を引く:意外にも誰かが良品率を偽造した


三星5/4/3nm工艺拉胯:竟有人伪造良品率

台積電に比べて、サムスンの製造技術は数段階劣っており、その代行であるNVIDIA RTX 30シリーズのグラフィックスカード、高通骁龍8シリーズのプロセッサー、さらには自社のExynos 2200携帯電話チップは、性能にかかわらず、エネルギー効率にかかわらず非難されている。

DigiTimesによると、三星電子は現在、一部の在職者、元従業員が5 nm、4 nm、3 nmのプロセスの良品率を偽造し、虚偽で報告した疑いがあるというスキャンダルに陥っている。

によると、サムスンは5 nm、4 nmプロセスの量産計画を承認した後、サムスン自身もサードパーティのチップ代行顧客も、良品率が予想を明らかに下回っていることが分かった。

このため、三星は代行業務を担当する三星設備ソリューション(Samsung Device Solutions)事業部に対して、関連投資が適切に使われているかどうかを含む初歩的な調査を開始した。

しかし、三星はこの問題の影響は深刻ではないと強調し、具体的な結果は調査が完了した後に発表する。

先日、台積電3 nmプロセスの良品率にも問題があり、路線図を何度も修正せざるを得なかったという情報もあった。

によると、アップル、高通、Intel、AMDなどはいずれも台積電3 nm工芸の顧客で、そのうち高通は三星代工を捨てて全面的に台積電に転向し、Intelは初めて台積電代工サービスを導入する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。