高通、NVIDIAはいずれも三星の3 nm/4 nm工芸の良率を走って偽造の疑いがある:すでに内部調査を開始した


高通、NVIDIA都要跑 三星3nm/4nm工艺良率疑似造假:已启动内部调查

世界のウエハ代行業界では、台積電がボスであり、工芸も最先端であり、サムスンは2位であり、規模比は台積電しないが、先進工芸もそれほど遅れず、5 nm4 nm、さらに3 nmノードでGAAトランジスタ工芸を先発した。p>

に加えて、代行価格が台積電よりも低く、サムスンも近年、高通やNVIDIAIBMなど多くの代行顧客を集めているが、最近のニュースでは、NVIDIAが台積電5 nm次世代pan>GPUチップ、高通も3 nm工芸注文を台積電に転送し、三星を放棄した。

大手顧客が次々と道を走っているが、三星にはいったい何の問題があるのだろうか。韓国メディアnfostock Dailyは、サムスンは、内部調査研究5 nm4 nmおよび3 nmプロセスの良率問題を開始し、内部ではチップの生産量が注文購入したウエハの数と一致しないことに気づいた。

簡単に言えば、三星の上層部は、代行業務部門内部で三星工芸の良率が修飾されているかどうか、偽造問題があるかどうかを調査する。

調査の2つ目のポイントは、三星が巨額の技術開発や製造に投入したことだが、現在の状況は間違っており、投資が流用されたかどうかも調査のポイントだ。

しかし、サムスンはこれらが内部調査であり、外部に共有されないと明らかにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。