Intelは新しいバージョンの核顕駆動を発表した:DX 11/12ゲームのクラッシュを修復し、バグを殺す


Intel发布新版核显驱动:修复一大堆DX11/12游戏崩溃、卡死bug

Intelの初モデルであるARCゲームが独占的にチケットを獲得したのは、駆動の問題だそうで、グラフィックスカードを作るには強いGPUハードウェアが必要であるだけでなく、ドライバも非常試練メーカーの場所であり、先日Intelがグラフィックスカード駆動300.101.1340版をリリースした。たくさんのDX 11/DX 12ゲームのbugを修復しました。

インテルグラフィックスドライブ30.101.1340公式版がリリースされ、修復Bugが主であり、具体的には

1Iris Xeグラフィックスカード(Intel11代Coreプロセッサー):『使命召喚:パイオニア』再DX 12モードではゲームがクラッシュしたり、詰まったりします。

2Iris Xeグラフィックス(Intel11代Coreプロセッサ):マイクロソフトストアから『塵5』を開くと、ゲームがクラッシュしたり、詰まったりします。p>

3、『ナイトシャドウマン::DX 11)、『限界競合:地平線5』(DX 12)、『爆発2(>>>>)、『爆発>>>>>>>>>>>>>>>>>panlang=”EN-US”>Vulkan)、『ドイツ軍本部:新血脈』(Vulkan)、《灭亡战士:永恒》(Vulkan)等游戏会发生轻微的图形异常。

4Iris Xeグラフィックス:『砦の夜』ゲームで軽微な画像エラーが発生します。

5Iris Plusグラフィックス(Intel10代Coreプロセッサ):『博徳の門3』をゲームにロードするとゲームがクラッシュしたり、詰まったりする可能性があります。

以上は修復済みのbugで、アップグレードログを見て、少なくとも十数ゲームbugはまだ解決していないので、後でゆっくり修理しましょう。p>

駆動ダウンロードページ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。